無料古紙回収で再利用される紙の種類

無料の古紙回収によって集められた古紙はいろいろな用途にリサイクルされますが、回収された紙の種類によって生まれ変わる品は異なります。牛乳パックや一般的なオフィスペーパーは、ティッシュペーパーやトイレットペーパーになることが多いです。古紙は印刷されていることが多く、前面にフルカラーのインクが着色されている場合すらありますが、製紙メーカーにおいて古紙を融解した後に漂白作業を行うため、白くきれいな状態となります。

無料の古紙回収には、ダンボールも多く出されています。ダンボールは、オフィスペーパーとは異なり、別で専用回収されることが多いです。なぜなら、ダンボールはそれだけで処理されて、再びダンボールとしてリサイクルされるからです。ゴミとなったダンボールがまた同じ製品として生まれ変わり、循環していくという点は、他の種類の紙とは違う特徴です。

このように古紙は、それぞれの種類毎に処理され生まれ変わります。そのため回収場所に持って行く場合には、できるだけ紙の種類ごとに分別しておくことが大事です。もちろん、回収業者がしっかりと分別作業を行いますが、消費者があらかじめしておくことによって、よりスムーズで確実な分別が可能となります。